1月なのに暖かい日が続き、快適に自転車訪問ができる今日この頃です。

リハビリ科長の大和田です。

れんげリハビリ通信のvol.7が出来上がりました。

今回は『訪問リハビリは生活空間拡大の効果がある』です。

訪問リハビリテーションでは、生活空間が狭い利用者様に対して、

心身機能のみならず活動・参加への改善を図り、生活空間拡大へとつなげる役割があります。

ある研究では、訪問リハビリを3カ月間実施し追跡調査を行った結果

生活空間が広がり、日常生活動作の環境面に変化がみられ、転倒への恐怖心の改善がみられた

とのことでした。

生活場面で自宅内から広がりが難しい人へ、訪問リハビリを導入することで

生活を広げて、通所系のサービスに移行することが可能になることを示唆しています。

現在、れんげ訪問看護・リハビリステーションでは『お試しリハビリ』を受け付けております。

訪問リハビリを入れたいけど、利用者様がどのようなものか口頭では理解できない方や

体験したい人など一度お電話いただければ、我々リハビリスタッフがご説明に伺います。

よろしくお願い致します。