秋の風を感じる今日この頃です。
秋と言えば、みなさん大好きなモンブランを想像しますよね。モンブランを週1回は食べたい大和田です。

今月のれんげリハビリ通信は脳卒中者の効果的な立ち上がりトレーニングについてです。

脳卒中後の転倒事例の37%が立ち上がり動作時に生じていることが報告されています。また脳卒中により麻痺した下肢の支持性が低下し、体重をかけることが難しくなり、立ち上がり動作時 に非麻痺側へ体幹が逸脱してしまうため、転倒が起きやすくなると推察されています。

そこで

2008年に出された論文に「座っているときの麻痺側の足部の位置を少し後ろに変えるだけで、立ち上がり時の非対称性を改善できる」ことを報告が上がりました。効果としては、バランス改善、立位スピードのアップ(ようは立ちあがりがスムーズになる)、立位の非対称性の改善が期待できるそうです。・

でずが麻痺側の膝は力が入りにくい方もいると思うので、最初は膝をあまり深く曲げずに手すりなどにつかまりながら、転倒に注意しながらやってくださいね。